[雑記]いつも持ち歩いている常備薬が葛根湯になったという話


元々、小さいときから風邪を引きやすくて、風邪薬はかなりいろいろなものを飲んでいました・・・

高校生のときの部活で「風を引くのは自己管理が出来ていないからだっ!」と、よく言われていて、その頃から体調管理をしっかりやっていることもあり、小さい頃よりは風邪を引かなくなってきたのですが、
やっぱり、元々があまり体が強くないので、油断するとすぐのどが痛くなったりして、熱が出たりしています。

社会人になってからは、風邪薬を常に鞄に入れていて、ちょっと体調に違和感があったら、直ぐに風邪薬を飲んでいたりしています・・・

その薬は、普通の薬局に売っている(よく、テレビCMでもやっている)メジャーな風邪薬でした・・・

それが・・・

葛根湯との出会い

昨年、ちょうど一年前くらいに、謎の高熱(40度以上)が出てしまいました。

今回の謎の高熱は、いつもの風邪薬を飲むと、少し熱が下がり、また、しばらくすると、また40度まで上がっていく・・・と、いう、繰り返しでした。
(この時は、熱が出ているのに、全く汗が出ていなかったのです・・・)

それで、どうしようもなくなり、病院に行って診察を受けて処方されたのが「葛根湯」でしたっ!

しかし、実は今までも葛根湯は飲んだことはあったのですが、全く効いたことがなかったのです・・・

それが、その処方された「葛根湯」を飲んでしばらくすると、汗が出るようになり、熱もあっという間に下がっていき、ほぼ1日で治ってしまいました・・・

この時から、葛根湯の本当の力に気付き始め・・・
その後、テレビをみていると、あの、「林修の今でしょ!講座」で、葛根湯が何でも効く漢方薬であることを紹介していましたっ!

詳しくは↓のまとめが分かりやすいかもっ!

葛根湯はインフルエンザ・花粉症にも効く!?万能漢方薬・葛根湯の効果 – NAVER まとめ

↑のまとめを見ると分かりますが、本当に何でも効くみたいなのですっ!(インフルエンザにも!?)

なので、ちょっと体調がおかしくなったときに、原因が分からない事がほとんどだと思いますが、そんなときに「葛根湯」を飲むことで仕事中でも(眠くならないので)飲みやすいのですっ!

最後に。

この事から、いつも鞄に入っている「常備薬」は、「葛根湯」になりましたっ!

ただ、上のまとめサイトにもあるように、飲み方などを気を付けないと、今までのように「全く効果がない・・・」と、なりかねないので飲み方には注意しないといけません。

これは、あくまでも自分の常備薬としての飲み方なので・・・
詳しくは、掛かり付けの医師に聴いてくださいなっ!

Posted from するぷろ for iOS.

Pocket

コメントを残す