[music]3月17日小田和正さんのLIVE(横浜アリーナ)に行ってきたっ!

横浜アリーナで小田和正さんのLiveツアー

「本日、小田日和」

というツアーを開催していて、小田和正さんのLIVEは一度行ってみたいな〜と思っていたので、先日、横浜アリーナでLIVEがあることを知り、タイミング的にも良かったので行ってきましたっ!

今日(3月18日)が最終日で、今現在ライブ中だと思いますが、昨日のLIVEに行ってきたので感想をちょこっと書いてみますっ!

走り回る小田和正さん67歳っ!

小田和正さんのLIVEはDVDがほとんど出ていませんが、先日東京ドームでのLIVEをWOWOWで見ていました。

とにかく、ライブ中に走り回りますっ!その東京ドームの時も走り回っていましたが、今回もやっぱり走っていましたよっ!

ステージは↓の様な作りになっていて、これだけでもかなり広く、歌いながら歩くのも大変そうなのに、すぐにそのステージから降りて客席の方へよく行きますっ!

IMG_0240 - 20150318 (1)

ライブの後半戦では、客席の中(↑の枠の外周)まで歩きながら歌っていて、もう、何周したか分からないくらい歩きまわって、走り回っていました・・・

本当にパワフルで、ものすごい人でしたっ!

とても67歳とは思えない・・・

そして、LIVEの公演時間はなんと3時間っ!

18時35分に始まって、終わったのは21時35分・・・超人ですよっ!

超ベテランのアーティストとお客さんっ!

歌った曲は、新しいアルバム「小田日和」からの曲もあり、昔の曲(オフコース時代)の歌もありました!

また、お客さんたちもすごく慣れている感じで、小田和正さんも超ベテランですが、お客さんたちも、超ベテランでしたね♬*゚

ある曲では一緒に歌うところを、小田和正さんがちょっと手を上げただけで、お客さんみんなで自然と歌い出して会場全体に響き渡る歌声・・・。

そして、ある曲ではモニターにお客さんのアップが写った瞬間に、そのお客さんそれぞれが笑顔で手を上げたり、アピールをしていて、お客さんたちも会場全体を楽しませていましたっ!

長年ライブを続けていると、お客さんたちも超ベテランになり、会場を盛り上げてすごく良いライブだな〜と思いました。

普通に、アーティストさん自身がベテランになって、その歌声を聴きに行くのとはちょっと違い、

それだけじゃない、何か会場全体がアーティストとお客さんが一体となってライブを作り上げているような感じがしましたっ!

こういうことは、やっぱり実際に見に行くことでその場の雰囲気などが肌で感じることが出来たので、本当に

『やっぱり行ってよかったな〜!』

と思いましたっ!

大きな会場の当日券は…

チケット自体はSOLD OUTしていたのですが、横浜アリーナは帰り道に(方向は違うけどw)近いので、当日券目当てで行ってきましたっ!

前にも、同じように当日券を求めて仕事帰りに寄ったことがあったのですが、今回は、その時と同じステージの真後ろの席でした 。

多分、前売りで売れないような(その席では怒られそうな?w)場所を、当日券で販売しているんじゃないかな〜と勝手に思っていますw

(問い合わせたわけでもないので本当のところは分かりませんっ!)

実際、今回の席は細い柱が結構邪魔していて、モニターに写った顔がちょっと見え難かったりしましたが、ある意味かなり近い席でもあったので良かったです♬*゚

昨日の当日券は、

「S席」「A席」「立ち見」

それぞれ結構あったようで、17時半頃は5〜6人ほど並んでいた感じでしたが、それまではかなり長い列だったそうです。それでも当日券を購入出来ていて、

やっぱり横浜アリーナのような大きな会場ではSOLD OUTしているチケットでも、もしかしたら当日券で見ることが出来る場合があるかもしれないので、

会場近くの方で(交通費が掛からないような方とか)、場所が悪くても当日券がほしい方は一度問い合わせてみるのもいいかもしれませんねっ!

(自分のように問い合わせすらしないで当日券を求めに行くのはやめましょうw←悪い見本ですっ!)

今日のnote

今回のライブは、4月に行こうと思っていたLIVEが勘違いで行けなかったこともあって、3月に2つ目のLIVEに行ってきましたっ!

4月〜5月は今のところLIVEに行く予定はないですが、、、

また思いつきでLIVEに行くことがあるかもしれませんので、その時はまたブログに書くことがあるかも・・・。

でも、今のところは4月〜5月はおとなしくしています ・・・

最新アルバム↓

Far East Cafe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください