X100F

昨年の3月に「FUJIFILM X100F」を購入して、約9ヶ月くらい経ちました。

特に最近よく使っているこの「X100F」で気づいたことを書いていこうと思います〜♪

 

 

「X100F」開封の儀

X100F 箱 X100F 箱

富士フィルムの「Xシリーズ」はこんな箱してます〜♪

 

カイフウノギ…以上!

 

 

バッテリーが同じ!USB接続での充電が便利!

X100F

箱の中身は↑な感じ。

バッテリーの充電器も入っていますが、実は「X70」と同じくUSBで直接充電もできるんですよっ!

自分の場合は「X-A1」「X-T1」「X100F」と3種類のカメラを持っていますが、全て同じバッテリー(NP-W126S 又は、NP-W126)を使用できるので、充電器で充電していています。

なので、バッテリーも4つくらい持っているので、今のところUSB接続で充電をしたことはないのですが、モバイルバッテリーで充電できるのは、緊急時に便利ですよねっ!

 

この、バッテリーがシリーズで一緒っていうのは、結構他のメーカーではないみたいなんですよね。
今新しく発売されている「X-A3」「X-T2」「X-Pro2」「X-E3」すべて同じバッテリーなのです!なので…

「FUJIFILMさんすごく助かりますっ!ありがとうございます!!」

そんなことをいつも思ってます♪

 

 

「X100F」正面!

X100F

カッコイ…

まず、X100Fを買うきっかけになったのは何よりこの見た目です!!

ちょっとレトロな…クラシカルな外観!
色は迷わずシルバーを購入しました!

 

やっぱり、普段から持ち歩いて写真を楽しむ際に、カメラ自体の見た目って大事ですよね!

常に持ち歩いていたくなる♪

そんなカメラはやっぱり撮ってても持ってても楽しです!

X100F ビル

 

すばやく設定出来るダイヤルが便利!

X100F

この上面にあるダイヤル。

デザイン的にもこれがあることでかっこよく見えますが、見た目だけじゃなく、機能としてもものすごく優秀なのです!

左にある「露出補正ダイヤル」は、今回「C」が追加され、「±5」まで調整出来るようになり、撮影の幅が広がったと思います!

 

そして、「シャッタースピード」と「感度ダイヤル」が一緒になった

シャッタースピード/感度ダイヤル

X-T1は3つのダイヤルが付いていますが、X-Pro2とX100Fはこの2つが一つになり、とてもスマートになりましたっ!

 

そして、レンズの脇にある「絞りダイヤル

この、4つのダイヤルは結構頻繁に使うところなので、電源がOFFでも操作できるし、確認出来るのは、このシリーズを持っている方はみんな言っていると思いますが、やっぱり便利です!

これに慣れてしまうと、他の機種がなかなか使えない…という欠点もありますが、出来れば、今後もこのダイヤルはなくさないでほしいな〜と思います♪

 

 

「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」が面白い!

 

X100F一番の特徴でもある

「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」

 

FUJIFILMさんがこのカメラを作るときに一番お金をかけたという噂のw

このファインダーは、「OVE」と「EVF」を兼ね揃えたファインダーで全面にあるレバーで切り替えることが出来るんです!

 

光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の特長を組み合わせた「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を採用。ボディ前面のファインダー切り替えレバーの操作で、瞬時にOVFとEVFを切り替えられます。また、光学ファインダーの画面上にフォーカスエリアを映し出す電子ディスプレイを表示でき、OVF時でもフォーカスピーキングやデジタルスプリットイメージを利用することで、リアルタイムで正確なピント合わせをサポートします。

(↑FUJIFILM X100F:製品の特徴 より引用

 

・・・正直、自分はまだちゃんと使いこなせてませんがw

他のカメラには無い、X100シリーズの特徴とも言えるこの機能は、X100Fで更に進化して、右下にちっちゃい板がぴょこっと出て来るギミック。そして、そこに映し出されるAFエリアの拡大。なんてものもあったりして面白いですよっ!

まだ見たことない方はぜひ、お店などに行っていじってみてくださいっ!
(実用的かどうかはおいといて…)普通のカメラにはないこのX100FとX-Pro2だけの機能なので!

 

「X100F」背面!

X100F

今回のX100Fで進化したところといえば、背面 液晶の右上にある。

「フォーカスレバー」

AFポイントをレバーで移動できるのはやっぱりこれがあると便利ですよね!

このフォーカスレバーはAFポイントだけではなくて、撮った写真のプレビュー画面でもズームしたときに画面の移動をしたりとかもできて便利なのですっ!

そして、上下左右「4方向」だけではなく、斜め方向にも動かせるので「8方向」に動くフォーカスレバーはかなり使えるやつです!

 

 

「内蔵NDフィルター」が便利!

X100F 桜

このX100Fは「内蔵NDフィルター」が付いているので、他のカメラのように、わざわざ「NDフィルター」をレンズの前に装着しなくても絞り3段分の「内蔵NDフィルター」が使えるので、
↑の写真の様に逆光でも即座に「内蔵NDフィルター」を設定して写真を撮ることが出来ますっ!

 

ちなみに、自分の場合はファンクションボタンをカスタマイズしていて、背面右上の「リアコマンドダイヤルの押し込み」のところに「内蔵NDフィルター」を設定しています。

 

 

RAWでは使えないけど「デジタルコンバータ」が優秀!

X100F ライブハウス

「デジタルコンバータ」とは、簡単に言うと「デジタルズーム」の様なものなんですが、画質がデジタルズームほど落ちないので、結構使えるやつなんです!

↑の写真も(スクエアにしちゃってますが)デジタルズームで撮ったものです。

ブログや、SNSで見る分にはほとんど分からないんじゃないでしょうか。。。

結構気軽に使えて、普段はそのまま(23mm)換算35mmという画角で使っていますがいざという時に、50mm・70mm相当のズームが出来、更にテレコンバージョンレンズを付けることで100mm相当までの望遠ができるのはやっぱり助かります♪

 

ただ、これ、RAW設定では使えないのです・・・。

自分の場合、今はすべてJPEGで撮影しているので、RAWで撮りたい方はこの機能使えないんですよね・・・

 

 

「AF」からの「MF」が便利!

X100F イルミネーション

実は、このX100Fは、オートフォーカス(AF)でピントを合わせたところから「フォーカスリング」(コントロールリング)を使ってピントをずらすことができるんですっ!

 

やり方は、「シャッターボタン」を半押しした状態から「フォーカスリング」を回すだけ!
簡易マニュアルフォーカス(MF)が出来ちゃうんです!

 

なので、↑のようなイルミネーションの写真も普通にAFを半押しすると↓の様になりますがx100f イルミ

そこから「フォーカスリング」をずらすことで、簡単に↓の様な写真が撮れちゃいます!

X100F イルミネーション

 

 

最後に、

「X100F」で撮影した写真

を、何枚か載せておきます〜♪(すべて手持ちjpge撮って出しです。)

X100F X100F 新宿駅 モノクロ

X100F モノクロ X100F モノクロ

X100F モノクロ X100F 夕焼けと桜

X100F どんぐり X100F 提灯

X100F 車 X100F 初日の出

 

 

「X100F」みんなのレビュー!

最近X100Fを購入して楽しんでいる方が、すごくたくさん増えてきたように思います!
せっかくなので、自分より熱いレビュー記事を書かれている方を一人紹介しますね!

 

↓ひげこい さん!

『FUJIFILM X100F』レビュー

 

最近少し安くなってきたこともあり、購入する方が増えているようで、他にもたくさんレビューを書かれている方がいると思いますので、検索してみるといいかもしれませんよ♪

 

今日のnote

まだまだ自分は写真初心者ですが、X100Fで撮るのが楽しくて、最近良く写真を撮るためだけに出かけたりしています♪

やっぱりX100Fという高級コンデジを使っているというのもありますが、iPhoneでは撮れないような写真を撮れたらいいな〜と思っているので、これからも写真を色々撮りながら楽しんでいきたいと思いますっ!(やっぱり楽しく取るのが一番ですよね〜♪)

 

 

 

(5/365)

Spread the love