[WordPress] Amazon公式のプラグインは微妙だった話

少し前、Amazon公式のプラグイン「Amazon Associates Link Builder」をAmazonのリンクを作るのにちょっと試しに使ってみました。

そのときは、旧式のクラシックエディタでしか動作しないということで、クラシックエディタにするプラグインも一緒に入れて使っていました。

でも、最近はブロックエディタに慣れて行くためにプラグインの整理をして、この「Amazon Associates Link Builder」も削除したのですが

・・・

プラグイン用のタグが残ってしまって削除するのが面倒

このプラグインを使ってリンクを作成すると、記事内に

[Amazon_LINK〜〜]

というようなもの(ショートコード)が作られ、それをもとにAmazonのLinkが作られるのですが。

このプラグインを削除すると、このショートコードが残り、このプラグインで作成したリンクは全部書き直さなければならず、かなり面倒なことになってました💦

幸い使ったリンクが少ない状態だったので、割とすぐに書き直しは終わったのですが、、、(ズボラで更新サボっててよかった😂)

それでも時間を取られてしまって・・・(もう、二度とつかわn…)

・・・

とはいえ、先程このプラグインのスクリーンショットを見てみたら、ブロックエディタにも対応しているような画像があったので、少しずつアップデートされていくのかもしれないですね〜。

「Amazon Associates Link Builder」で作成したリンク記事の見つけ方

自分の場合はまだ数記事しかなかったので、「投稿」からの「検索」から「Amazon_LINK」で検索して記事を見つけ、手動で書き直しました。

それぞれリンクの内容が違うので、なかなか後から書き直すって言うのは本当に大変…(プラグインの評価が☆1なのも頷ける…英語のコメントわかんないけど)

・・・

確か、プラグインで指定した文字を検索して書き換えるような物があったはずなので(SSL化したときに使った記憶。何使ったか覚えてない💦)そういうものを使えばもっと簡単に出来るかもしれません。

でも、AmazonのLinkはやっぱり手動で作り直さないと多分だめですよね・・・

今日のnote

今までもAmazonのリンクを作るのに色々試しているのですが、なぜかしばらくすると失敗したりして、再設定しなくてはならなくなったりしてたので、このプラグインを導入してみたのですが・・・

こう言う後に残るようなものは、ちゃんと評価を調べてからにしないといけないなーと学びました♬*゚

まぁ、ブログ記事が数ヶ月に一回とか書かないからこう言うことになるんですけどね🤣

ちなみに今は、公式のウェブサイトからLink作成をしています。またそのうち使いやすそうなのがあれば試してみます〜♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください