[EarPods]ミニプラグ「4極」から「3極」にする方法。(AT-PHA05BT)

AT-PHA05BT

先日買って来ましたこのワイヤレスレシーバー

audio-technicaの「AT-PHA05BT」

早速使おうとiPhone5に付属の「EarPods」で聴こうと思ったら

使えませんでした><;

音は聞こえるけど、ボーカル辺りの音が小さくなってしまっていて

しかも、EarPodsのリモコンを押すと(真ん中)ちゃんと聴こえるようになる!

という現象が・・・。

すぐにネットで検索したら見つかりました・・・。

この製品は4極プラグに対応してないようです><;

プラグを半挿しにして何とか聴けたのですが

先日単品で買ったEarPodsを挿したら半挿しでも聴けなくなってしまいました。

と、いうことで。

「4極→3極」

にするプラグを買って来ました。

というか、「4極→3極」という製品自体はありませんでしたが

代わりに、延長させるプラグや、今回買ってきた「L型」のプラグを使用することで、4極プラグのマイク等を使う端子を浮かすことが出来るので

3極プラグのみ対応の製品でも使えるようになる(ことがある)そうです。

ちなみに、購入したのはコレ↓

プラグアダプターL型

(PC-L42S 504円)

プラグ部分を比較すると

4極・3極比較

こんな感じで線の部分(絶縁リング)が2本と3本ありますね〜

イヤフォンや、ヘッドフォンのメーカーによっては

5極プラグを使っているところもあるそうです・・・

これでやっとBluetoothのワイヤレスレシーバーで音楽を聴くことができました!

今回買ったワイヤレスレシーバーにも、しっかり

「4極ミニプラグのヘッドフォンには対応していません」

と、書いてありました^^;

今後は注意して購入しようと思います><;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください