[カメラ]X-Pro3が届いたよと言う話。

どうもおはこんばんちわ〜 sasaです♬*゚

ついにX-Pro3が届きました♪ヽ(´▽`)/

とりあえず、数回使って見ましたが、使うほどに

「これ使いにくいなー」→「あれ?そうでもないな・・・」

みたいなのが結構あるので(結局は慣れだと思うけど)ちゃんとしたレビューはもう少し使ってからにしたいと思います。

と、いう事で、今日は開封とちょっとした感想だけです。

X-Pro3開封の儀

初めてのマップカメラ!
出ました!X-Pro3・・・の箱
いつものように保証書とか取説とか
いつもと違う内容。
中身を出して見ました。

今回はバッテリーチャージャーが付いていません

X-Pro3はUSB-Cになったので、直接ケーブルを挿して充電する感じになるようです。

ん〜ここは、初めてFUJIFILMのカメラを購入する人にはなんとも微妙な気もしますが。やっぱりコストギリギリなんでしょうかね?

ただ、今まで付いてきたバッテリーチャージャーはコンセントにしか付かないので、サードパーティ製のUSBで充電出来るタイプを購入するのも良いんじゃないかなーと思います。

これがあれば、撮影中や移動中にモバイルバッテーで充電出来ますからねー(でも移動中はカメラに挿して充電すれば良いのか)

そういえばX-Pro3の動画で給電しながら撮影している映像もありましたね。

自分もやったことあります♬*゚割と行けます。
ただ、雨降ってたりすると使えないと思いますが。。。

X-Pro3!
噂のハイデン液晶と背面モニター

今回はブラックにしました!

3つの中では「安い」というのもありますが、FUJIFESTでのタッチ&トライでやっぱり指紋が気になったのもあるし、

今回のX-Pro3は売るつもりが無いので、傷が付いてもエージング的な感じで楽しめるかなと☺️

底面

三脚穴が液晶側なんですよねー。

まぁ、小型化するのにそうするしかないのかな?

気になるのは三脚付けた時の影響ですが、あとで少しだけ書きますが詳しくはまた今度。

USB-Cとマイク・レリーズ端子
カードスロットは2つ

FUJIFILMはX-T1・X-Pro1の時はカードスロット1つでしたが、X-T2・X-Pro2からカードスロット2つになったんですよね。(確か)

他のメーカーではカードスロット1つのもあるようで、プロの方は中々悩ましいというのを聞いたことあります。

やっぱり2つあるとJPEGとRAWで分けられたり、バックアップ的に使えたりして便利ですよ!

X-Pro3とiPhoneのペアリングが

X-Pro3の設定を進めていきます
ペアリング登録が・・・

ここでスマートフォンとのペアリングするところがあるのですが。

実は最近のアップデートで(iPhone側の影響だと思いますが)X-H1の時からペアリング出来なくなってしまったんですよね。

ちなみiPhone7で。

今回もやっぱり出来ませんでした・・・

いつもバルブ撮影の時はiPhoneアプリでやっていたのですけど・・・ちゃんとしたリモートレリーズ 買おうかな・・・

なので、出来れば来年の花火までにはなんとかなると良いんですけどねー。

ピークデザインのキャプチャープレートがあたる

ティュアルプレート
スタンダードプレート

X-Pro3の購入前に何度かブログに書いたのですが、ピークデザインのキャプチャーのプレートが、X-Pro3の背面液晶をチルトした時に当たってしまって180°チルト出来ない。。。どころか、背面モニターに当たってしまって怖い・・・

という話を書いたのですが、実際にX-Pro3が届いたらもう少ししっかり見てみようとやってみました。

ちなみに

「デュアルプレート」はアルカスイス(互換)の雲台とマンフロットの三脚でも使えるプレート

「スタンダードプレート」はアルカスイス(互換)の雲台の三脚で使えるプレートです。

上の写真を見ると若干スタンダードプレートの方がチルト出来る角度が多いですが、やっぱり当たります・・・

デュアルプレート・背面モニター
スタンダードプレート・背面モニター

デュアルプレートはガッツリ背面モニターに当たる感じですが、結局どちらも当たるので、180°チルト出来ないし、いずれ背面モニターを壊しそうです。

先日X-Pro3をもって高尾山に登ってきたのですが、そのときにスタンダードプレートを付けて登って見ました。

油断すると背面液晶を180°チルトしそうになってちょっと怖かったです。。。(自分で使う時は気をつければ良いですが、誰かに貸した時とかは注意が必要かも)

また、この話はまだ三脚の写真とか撮っていないので改めてブログに書くかもです。(アルカスイス互換の雲台は割と使えそうです♬*゚)

今日のnote

X-Pro3を買った決めては色々あるのですが・・・

ひとつは「X-T2・X-T20・X-H1・X-Pro2」と「X-T3・X-T30」の写真を比較して、どちらかというとX-T3シリーズの方が好きかなーと思って決めました♬*゚

元々、X-T2が出たときにX-T1と比べて(あくまで個人的な感想ですが)どちらかというとX-T1の方が好きかなーと思って見送った事もあって、

今回X-Pro3の購入を考えるときに、まずは写真の比較をしました。

(X-H1を買った直後にX-T3が出たのでX-T3は買いたくても買えない状態でした・・・)

まぁ、そういう割にX100Fも、もってたりするんですけどね♪ヽ(´▽`)/

X100Fは当時X-Proシリーズが高くて買えないのと、フォーカスレバーが搭載されたのもあって使って見たい!!という理由で買ってます。
X-H1は手振れ補正を使って見たくて買いました。

結果、写真の比較もありましたが、思ってた以上にフィルムシミュレーションの「クラシックネガ」が楽しくて、本当に買ってよかったなーと思ってます。

がっ!

みんなに勧められるかというと、そうでもなくw

やっぱり万人受けするカメラではなかなーと思います。公式にそう言ってますしねw
自分の場合はX-H1の下取りがあったので、割と買いやすかったのもあると思います。。。下取りに出すと価格麻痺しますね・・・

もしかしたら値下がりがあるかもしれないので、気になる方は少し待って見ても良いかもしれ、、、んーとは言え、、、まだ2色のX-Pro3がこれから発売になるのでどうなりますかねー・・・

最後にTwitterにも上げてますが、X-Pro3で撮った写真を載せておきます↓

https://sasanote.tumblr.com/post/189499231571

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 ブラック FX-X-PRO3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください