[iPhone]携帯電話(ガラケー)の電話帳をiPhoneに移行するのにMacのiCloudを使ったら簡単に出来たっ

slooProImg_20150222201021.jpg

昨年の9月にiPhone5を機種変更し、iPhone6 Plusを購入したのですが、その時にバックアップを失敗してしまい、電話帳のデータが全て消えてしまったのです。

ただ、元々iPhone5の前に使っていた携帯電話(ガラケー)で、MicroSDカードに電話帳データを移していて、それ自体がそのまま残っていたので、そこから電話帳データを抜き出して再度iPhone6 Plusに入れる事が出来ましたっ!

それが、結構簡単に出来たので紹介しますっ!

携帯電話(ガラケー)のMicroSDカードに入れた電話帳データをMacの連絡先に入れる方法

( 自分が使用していた携帯電話(ガラケー)は「docomo」の「SH-03A(シャープ)」です。)

まず、携帯電話(ガラケー)の電話帳データをMicroSDカードにバックアップしてください。(この方法はそれぞれの携帯電話の説明書に従って行ってくださいっ。)

バックアップを取ったMicroSDカードをMacに接続します。

スクリーンショット 2015-02-22 18.13.49

自分が使用していた携帯電話のバックアップは↑の様な感じでフォルダがいくつかありました。

ここから電話帳データを抜き出します。

携帯電話の電話帳データは「.vcf形式」と「.csv形式」の2種類だそうで、 この拡張子を検索して抜き出します↓(「vcf」か「csv」で検索っ!)

スクリーンショット 2015-02-22 17.26.05

自分の場合は、ウインドウ右上の検索で「vcf」と入力したら「ADDRESS.vcf」と、出てきましたっ!

ちなみに、検索する場所は「MicroSDカード」の中ですので、自分の場合は「KEITAI」という名前のMicroSDカード内を検索しました。

 

この検索で出てきた「ADDRESS.vcf」が、携帯電話の電話帳データです。

それをダブルクリックすると、↓の様に「読み込んでもよろしいですか?」と、出てくるので、よければそのまま「読み込む」でOKです。

スクリーンショット 2015-02-22 17.26.39

(初めて読み込む場合は↑の表示とは若干違うかもしれません。というも、はじめにスクリーンショットを撮り損なった為、2回目の読み込み(この記事用)のスクリーンショットなので^^;)

 

ちなみに、電話帳データを読み込む際に「重複項目を確認…」をクリックすると↓の様に出てきます。

スクリーンショット 2015-02-22 17.53.19

これで、重複している連絡先のデータを上書きするか、新しく読み込むかなどを選択することができ、下の「すべてに適用」をチェックして一気に終わらせることもできます。

 

これで、電話帳データをMacの連絡先に移行出来ました。

次に。

iCloudでiPhoneとMacの「連絡先」を同期する。

iPhoneの「設定」→「iCloud」で、「連絡先」をONにします。

(元々iCloudが同期されている場合はこの手順は必要ありません。すでにiPhoneの連絡先に入っているはずですっ!)

IMG_3950 - 20150222

次に、Macの「システム環境設定」→「iCloud」で「連絡先」をONします。

スクリーンショット 2015-02-22 18.15.49

以上。

これだけで、電話帳データをiPhoneに入れることができます。

最後に。

電話帳データが消えたのは相当前だったのですが、電話帳データの移行が結構面倒そうだな〜と思っていたので、必要な電話帳データだけ手動で入れて、あとは放置していたのです・・・。

それが、やってみたらかなり簡単に出来たので自分でもびっくり・・・。もっと早くやっておけばよかったです^^;

でも、やっぱりバックアップは大切ですよね〜。携帯電話のMicroSDカードが残っててよかったw

 

ちなみに、iPhoneの連絡先は↓のアプリを使ってますよっ!

連絡先+
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス

 
アプリの説明はAppBankさんの記事が参考になりますよっ↓

連絡先+: ドラッグ&ドロップでスムーズにグループ分けできるアドレス帳アプリ。689 | iPhoneアプリ/iPadアプリをおすすめするAppBank

Pocket

コメントを残す